自分へのご褒美に…ギフトに…最適な高級くだものジュースを長野県南信州でを製造・販売、なかひら農場

なかひら農場公式サイトリニューアル
オフィシャルホームページ リニューアルしました>>


長野県 就農支援・農業体験「南信州りんご大学院」
長野県で農業を始めたい方への就農支援、Iターン・Uターン農業体験受付「南信州りんご大学院」>>

TOP»南信州の自然

高級くだものジュース、南信州「果実王国」の自然

果実の宝庫 南信州

長野県南部の飯田市・下伊那郡一帯の地域を南信州と呼んでいます。
南信州は、りんごのような寒い地方で採れる果物の南の限界でもあり、お茶、梨など暖かい地方で採れるものの北の限界でもあり、「くだもののへそ」と呼ばれるほど、なんでも採れる地域です。

二つのアルプスがもたらす自然の恵み

南信州は、中央アルプスと南アルプスの二つのアルプスに囲まれた自然環境に恵まれた地域でもあります。豊かな自然が生み出す水やきれいな空気が、この地域の果物がおいしい理由かも知れません。

果実栽培の好適地

日本屈指の河岸段丘や盆地地形がもたらす、昼夜の大きな気温差(日較差)や長い日照時間も、南信州の特徴です。
果物の糖度を増すためには、この日較差や日照時間が重要な役割を果たしていると言われています。

自然豊かな南信州で生まれた、なかひらブランド

なかひら農場は、この恵まれた南信州の地で、長年りんご農家を営んできました。現在も10,000坪の広大な土地に1,000本のリンゴ畑を有しています。
「蜜入りりんご」の名で知られる当地の名産「ふじ」リンゴは、南信州の自然と環境があってこそと言えるでしょう。まさに自然からの贈り物です。
なかひら農場は、そんな南信州から新鮮で高品質な果物ジュースをお届けしています。

なかひら農場